こころのブログ

日々、何となく思ったことや、なんとなくの出来事を何となく書いちゃうんだぁ?。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008 全米

フェデラーがオープン化史上初の5連覇◇USオープン

2008全米


5連覇を果たしたフェデラー(右)とマレー
画像提供: Getty/AFLO

USオープンテニス大会第15日目の8日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が、第6シードのA・マレー(英国)を6-2, 7-5, 6-2のストレートで破り、オープン化史上初の大会5連覇を成し遂げた。

今季初となる、グランドスラム優勝を果たしたフェデラーは、これでグランドスラム通算13勝目となり、P・サンプラス(アメリカ)が持つ、歴代最多勝記録の14にあと1勝に迫った。

7度のサービスブレークに成功し、今大会の連勝記録を34に伸ばし、サンプラスとJ・コナーズ(アメリカ)に並ぶ、大会5勝目を挙げたフェデラーは、「とても嬉しい。自分のキャリアでも間違いなく特別な瞬間だ。今年はタフなグランドスラムがあった、だからこの勝利は信じられない。かけがえのないものです。」と、喜びを語った。

またフェデラーは、2つのグランドスラム大会で5連覇を達成した最初の選手にもなった。昨年にウィンブルドン5連覇を達成していたフェデラーは、今年は6連覇達成の期待がかかっていたものの、決勝でR・ナダル(スペイン)に歴史に残るフルセットマッチの末に敗れていた。

2004年の全豪オープン以来に、第1シードとしてはなく今大会に出場していたフェデラーは、第3セットで3度のブレークに成功し試合に勝利した。最後のブレークポイントは、チャンピオンシップ・ポイントとして第8ゲームに訪れ、フェデラーのオーバーヘッドスマッシュを返そうとした、マレーのショットがネットにかかり、試合終了となった。

21歳のマレーは、準決勝で第1シードのナダルを下し、1997年のG・ルゼッドスキ(英国)以来、オープン化以降2人目の英国人として全米オープン決勝の舞台に登場したが、1936年のF・ペリー以来となる優勝はならなかった。しかし、表彰式でのインタビューでマレーは、「素晴らしい大会だったけど、今日は史上最高の選手と対戦することになってしまった。」と、勝者を称えた。

今年最後のグランドスラムまで、ハードコートでのタイトル獲得がなかったフェデラーだが、今季は賞賛に値する成績を残してきた。全豪オープン準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れた後、全仏とウィンブルドンの両大会で決勝に進出、またこの全米オープン直前の北京五輪では、S・ワウリンカ(スイス)とのダブルスで金メダルを獲得している。

この日の試合でフェデラーは、序盤から自信に満ちたプレーを見せ、世界で最も美しいと言われるフォアハンドとフットワークで、マレーのサービスをブレークし4?2とリードすると、その勢いは衰えずわずか27分で第1セットを先取した。

対するマレーは、今大会の3回戦でJ・メルツァー(オーストリア)を相手に、2セットダウンからの逆転勝利を演じていたが、1992年のS・エドバーグ(スウェーデン)以来、誰も第1セットダウンから決勝で勝利したものはいない。

第2セットに入ってもフェデラーの勢いは衰えず、第1セットから連続6ゲーム連取し、2?0とリードするが、第3ゲームでマレーがブレークバックに成功、続くサービスゲームもキープして2?2とゲームカウントが並んだ。続く第5ゲームで、マレーはトリプルブレークポイントを得るが、ミスジャッジの助けもありフェデラーがキープに成功する。

両者サービスキープで迎えた第12ゲームのマレーのサービスゲームで、フェデラーがトリプルセットポイントを得ると、ダウンザラインにウィナーを決め、2セットアップとした。

第3セットでもフェデラーは攻め続け、一気にゲームカウント4?0とリードする。続く第5ゲーム、観客の声援に応え、マレーがサービスキープに成功すると、第6ゲームでは、マレーがブレークバックに成功し、観客の興奮は最高潮に達した。しかし、その後もフェデラーはプレッシャーをかけ続け、最初のチャンピオンシップ・ポイントは逃したものの、2本目では数本のスマッシュの末に、今年最後のビッグタイトルと優勝賞金150万ドルを手に入れた。




セリーナが6年ぶり3度目の優勝◇USオープン


2008全米 woman

優勝したセリーナ(左)とヤンコビッチ
画像提供: Getty/AFLO

USオープンテニス大会第14日目の7日、ナイトセッションで女子シングルス決勝が行われ、第4シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が、第2シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)を6-4, 7-5のストレートで下し、6年ぶり3度目となる全米オープン優勝を果たした。グランドスラムでは通算9勝目となる。

今年最後のグランドスラムタイトルと、世界ランク1位の座をかけて始まった決勝は、序盤の第3ゲームでヤンコビッチがサービスブレークに成功する。しかし、直後のヤンコビッチのサービスゲームで、40?0からセリーナがブレークに成功し、試合は振り出しに戻る。

そして第6ゲーム、セリーナが再びブレークに成功しリード、自らのサービスゲームをキープし、ゲームカウント5?2となる。第8ゲームはヤンコビッチがキープし、迎えたセリーナのサービングフォーセットで、ヤンコビッチが0?40からブレークバックに成功するも、第10ゲームでは逆にセリーナが0?40とし、このゲームをブレーク、第1セットを6?4で先取した。

続く第2セットでは、第6ゲームまでお互いにサービスキープが続き、第7ゲームでヤンコビッチがブレークに成功、第8ゲームをサービスキープし、5?3とリードする。続く第9ゲームでは、0?40とトリプルセットポイントを迎えたヤンコビッチだったが、セリーナが粘りを見せこのゲームをキープすると、第10ゲームではセリーナがブレークバックに成功し、ゲームカウント5?5となる。

第11ゲームはセリーナがキープ、6?5とし迎えた第12ゲーム、セリーナが2本目のチャンピオンシップポイントを決め、ゲームセット。試合時間は2時間4分で、セリーナは1セットも落とすことなく、優勝を決めた。

1999年と2002年の全米オープン覇者でもあるセリーナは、昨年の全豪オープン以来となる、グランドスラム優勝を果たし、優勝賞金150万ドルを手に入れた。

一方、初のグランドスラム決勝の舞台に臨んだヤンコビッチだったが、この日の決勝では、経験に勝るセリーナの強力なストロークに終始プレッシャーをかけられ、セリーナの44本に対し、わずか15本のウィナーしか決められなかった。



フェデラーがついに、最後のグランドスラムを取ったね。

フェデラー復活が、だんだん見えてきたかもしれない。

北京オリンピックでのダブルスの金メダルが、フェデラーの中の何かを目覚めさせてしまったようだね。

是非ともまだまだ腐ってしまうには早すぎるので、錦織が上位に上がってきて対戦するまでは落ちないでいて欲しいと俺は思っている(笑)

錦織 VS フェデラー

見てみて?。




今日の体重 体重【 61.9 】kg





読んでくれてありがと?♪
フェデラーは彼女に尻を叩かれたから頑張ったんだ!?って思った人も、そろそろ彼女変えたらまた流れ変わるかもよ!?って思った人も、1日1クリックお願いしまーす(笑)
↓↓↓↓↓↓
←ここをポチっと!


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 2008/09/10(水) 23:13:38|
  2. テニス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<注目の人 | ホーム | 組テニ 9/9>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokoros.blog63.fc2.com/tb.php/886-9f1afac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心に響く言葉

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事+コメント

カテゴリー

FC2カウンター

月別アーカイブ

プロフィール

こころ人

Author:こころ人
こころのブログへようこそ!

少しでもあなたの心の隙間、埋めることが出来たならこれ幸いです!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

サイト価格

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。